五十肩や肩こりの改善方法やストレッチ、サプリメントなどについてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミンEの効果とは?

ビタミンEと呼ばれるトコフェロール

皆さんもビタミンEという名称は聞いたことがあるとは思いますが、ただその効能まではご存じないかもしれませんね。

ビタミンEというのは、アメリカのハーバート・エバンス(Herbert M. Evans)氏とキャサリン・ビショップ(Katharine S. Bishop)氏が1922年に発見した脂溶性ビタミンの一種になります。

また、ビタミンEはトコフェロールとトコトリエノールの2種類存在することでも知られております。ただ、通常ビタミンEと言いますとトコフェロールを指します。

スーパービタミンEと呼ばれるトコトリエノール

一方、トコトリエノールは1950年代に入ってから発見されて、またの名を“スーパービタミンE”と呼ばれております。

スーパーと呼ばれるくらいですから、一般的にビタミンEと呼ばれるトコフェロールよりも何やら、凄いものがありそうにも感じるものがあるとは思いますが、それは本当のことなんですね。

スーパービタミンEと称されるトコトリエノールは、トコフェロールの効果を持ち合わせながら、更に上を行く働きを持っているのであります。

ということで、次にビタミンEの効果についてご説明してまいりたいと思いますが、ビタミンEが人体に与える効果の中で、最も優れている点は何と言っても抗酸化作用です

体の中に活性酸素が増えてしまいますと、金属に例えれば錆びる状態、人間の体では老化が進むことになって色々な不具合が現れてまいります。

その不具合を具体的に言えば、心臓病、脳血管疾患、糖尿病、高血圧、脂質異常症、動脈硬化、骨粗鬆症歯周病、肥満、などの生活習慣病の原因になってしまうのです。


※こちらに続きます。
>>肩こりや五十肩に効果のあるビタミンE<<

関連記事

これからFXするなら外為どっとコム