五十肩や肩こりの改善方法やストレッチ、サプリメントなどについてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薬として使われるシナモン

お菓子やケーキに使われるシナモン

シナモンという名称を耳にした場合、おそらく多くの方はお菓子やケーキ作りに使われるものではないかとお考えになるのではないでしょうか?

京都にはお土産で有名な和菓子の八つ橋がありますが、この八つ橋にはシナモンと同様の成分のニッキが使われていることは、昔の新聞などにも登場していたのでご記憶の方もいらっしゃるでしょう。

ちなみにシナモンもニッキもクスノキ科の常緑高木で、この木の肉桂の皮や根などからから抽出してから乾燥させて作られたもので、スパイスとして使われています。

ニッキと呼ばれることの方が多いようですが、スリランカ産のものをシナモンと呼ぶそうです。

薬用としても重宝されシナモン

そもそもシナモンは世界でも最古のスパイスの一つとも言われておりまして、なんとエジプトにおいては紀元前4000年頃、ミイラの防腐剤としても使われていたということです。

そして、日本に伝わったのは8世紀頃だそうです。

そして今の時代、独特の香りと味で人気のあるシナモンは、パウダーや樹皮の形状のまま細長く巻いた加工が施され、シナモンスティックとして主に流通しております。

シナモン独特の甘い香りを利用したシナモンロールやケーキなどは人気がありますからね。

そんなシナモンなのですが、実は薬用としても重宝されているのです。シナモンが薬として使われているなんてご存じない方のほうが多いかもしれませんね。

シナモンには、抗菌、解熱、鎮痛、発汗などの効果があると言われておりまして、高血圧や糖尿病にも良いとされています


※こちらに続きます。
>>シナモンの薬用効果とは?<<

関連記事

これからFXするなら外為どっとコム