五十肩や肩こりの改善方法やストレッチ、サプリメントなどについてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三十肩時代の到来ですか?

※「四十肩と五十肩の違いとは?」からの続きです。

元々は50代の人が発症していました

四十肩と五十肩は、関節包と肩の周囲にある骨膜が炎症を起こすことで発症する肩の疾患です。

元々は50歳代の人が発症するケースが圧倒的に多かったので五十肩だったのが、40歳代でも発症する人が増えたために四十肩と呼ばれるようになったわけです。

ところが最近、さらに低年齢化しているようでありまして、もしかしたら三十肩という呼び名が定着してしまうかもしれません。

今の時代、スポーツをする人も減少しているようでありまして、運動不足から20歳代や30歳代の人でも五十肩と同じ症状を訴える人が増加傾向を見せているということです

増えている30代での発症例

考えてみてください、まだ30歳代の人が五十肩と診断される場面を・・・。ただ、現実の医療現場におきましては、30歳代の人が肩の激痛で病院に行ったら四十肩と診断されたとか、40歳代の人は五十肩と診断されたというお話もあります。

どうやら医療の現場では、厳密な使い分けはされていないようです。

四十肩と診断されたにしても、あるいはまた五十肩と診断されたとしても同じ肩の疾患ですから治療方法に違いがあるわけではありません。

どちらにしても、投薬や体操による治療が主に施されることになります。リハビリの体操につきましては、内容は同じにしても、やはり年齢や病状に合わせて強度や継続時間もことなったものになるでしょう。

四十肩や五十肩になる要因の一つに筋力低下や運動不足が含まれていることは間違いのないところであります。

30歳代で五十肩と診断されないように適度な運動は続けましょう

関連記事

これからFXするなら外為どっとコム