五十肩や肩こりの改善方法やストレッチ、サプリメントなどについてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

四十肩と五十肩の違いとは?

同じ型の疾患です

四十肩と呼ばれる方の疾患があります。そして五十肩と呼ばれる方の疾患もあります。

ところでこの両者の名称で呼ばれる方の疾患にはどのような違いがあるのでしょうか?

皆様はいかがですか?疑問に思ったことはありませんか?実は四十肩と五十肩は、名称に違いがあるだけで同じ肩の疾患なんですね

年齢からくる四十肩と五十肩

そもそも四十肩、あるいは五十肩と呼ばれる方の疾患というのは、関節包という関節を包みこむ袋と肩の周りにある骨膜などが炎症を起こすことで引き起こされます。

ハッキリこれだというような原因が特定されているわけではありませんが、病名からも伺えるように年齢からくるものだと考えられているわけです。


人間年を取りますと、どうしても筋力が低下してしまいますから肩を筋肉で保護できなくなってしまいますよね。もちろん筋力の低下は運動不足の影響もあるでしょう。

それにしても四十肩と五十肩は、同じ病気にも関わらず異なった病名で呼ばれるようになったのでしょう?ちょっと紛らわしいですよね。

とはいえ明確に線引きがされているわけではありませんが、発症する年齢によって呼び名が違ってまいります。要するに40歳代で発症すると四十肩で、50歳代で発症すると五十肩と呼ばれるようになります

実はその昔、発症する人の年齢が50歳代の方が圧倒的に多かったので五十肩と呼ばれていたのですが、徐々に発症年齢が低下して40歳代の人の患者数が増加したことから四十肩という病名が登場したということです。


※こちらに続きます。
>>三十肩時代の到来ですか?<<

関連記事

これからFXするなら外為どっとコム