五十肩や肩こりの改善方法やストレッチ、サプリメントなどについてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エネルギーを作るクエン酸回路

すっぱい成分のクエン酸

クエン酸という有機化合物があります。これはヒドロキシ酸の一つですが、この言葉自体にはあまり馴染みのない方の方が多いかもしれません。

ただ、ダイエットに関連して聞いたことのある方はいらっしゃることでしょう。

でも、クエン酸はけっこう身近な存在なんですよ。

柑橘類のレモンやグレープフルーツ、そしてお酢や梅干しなどに含まれているすっぱい成分がクエン酸なのです。

クエン酸回路とは?

クエン酸の存在が明らかになったのは、スウェーデンの化学者であり、そして薬学者でもあるシェーレ氏が1784年にレモンの果汁から発見してからのことです。

さらに1937年になりますと、生化学者のクレブス博士が生体内のエネルギー発生代謝システムであるクエン酸サイクル(クエン酸回路)を解明しました。

ちなみにクレブス博士には、この功績によって1953年にノーベル生理学・医学賞が授与されております。

クエン酸回路を簡単にご説明しますと、食事をすることによって体内に摂り入れられた栄養は、クエン酸などの八種類の酸に変換されます。

そして、そこからエネルギーをつくり出してから尿や汗として排出されることになります。

このようなエネルギー生産工場とも言えるようなサイクルをクエン酸回路と呼ぶわけであります。

クエン酸回路がしっかりとその役割を果たしていれば、エネルギーは次々と生み出されてまいりますので疲労回復が促進されて疲れが溜まることも少ないでしょう。

そうなれば、良好な体調を維持することもできます。


※こちらに続きます。
>>五十肩と肩こりに有効なクエン酸<<

関連記事

これからFXするなら外為どっとコム