五十肩や肩こりの改善方法やストレッチ、サプリメントなどについてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

五十肩の治療方法~慢性期と回復期~

五十肩の治療方法~急性期~」からの続きです。

痛みの落ち着く慢性期

五十肩を発症して急性期を経て慢性期に入りますと、激しかった痛みも落ち着いてまいります。

痛みの程度としましても動かすと痛くなるという感じですね。

ということで薬の使用も痛みが酷い時だけにして、基本的には温熱療法を実施することになります。

温熱療法の具体的な方法としまして、まずあげられますのは入浴ですね。それから肩をホットパックやカイロなどを使って温めます。

とにかく肩を温めることが大切なのです。

急性期のように肩を安静にしていますと、癒着して運動障害を起こしてしまいます。そうならないために、体操をして肩を動かすようにしましょう。

体操療法で運動障害から回復を

次の回復期に入りますと、痛みも徐々になくなって手も動かしやすくなります。この時期の治療方法は、体操療法を主として行っていくことになります。

痛みがなくなったのだからもういいだろうなどと安心してはいけません。手を動かし辛いという運動障害を回復させるためにも体操をしっかりと行うようにしましょう。

運動の種類は色々ありますので、自分に合った方法で行うためにも医師とよく相談した方がいいですね。体操は、自分のやりやすい方法で無理のない程度に、でも積極的に行いたいところです。

せっかく痛みがなくなっても運動障害が残ってしまったら不自由してしまいますものね。


以上のような五十肩の治療方法なのですが、中にはごく稀に症状の重い方もいらっしゃいます。そのような方は、内視鏡を利用した手術とか切開手術を実施することもあるでしょう。


※参考記事
>>五十肩の治療方法~手術~<<
>>五十肩と手術という選択肢<<

関連記事

これからFXするなら外為どっとコム