五十肩や肩こりの改善方法やストレッチ、サプリメントなどについてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

五十肩の治療方法~急性期~

三つの段階をたどる五十肩

正式な名称は“肩関節周囲炎”、そして一般的には“五十肩”と呼ばれる肩の疾患がありますが、解明された状態にあるとは言えません。

しかしながら五十肩は、発症するとと三つの段階をたどっていくことは分かっております。その段階とは次にあげる通りの内容になっているのであります。

(1)急性期・・・肩周辺の炎症により激しい痛身に襲われて運動制限があります。
(2)慢性期・・・炎症の勢いも治まってきて刺すような痛みから鈍痛に変わります。
(3)回復期・・・痛みも和らいで不快感も少なくなり、手も動かしやすくなります。

五十肩の治療方法というのは、それぞれの段階で異なったものとなりますので、ここではそれぞれの段階に分けて、治療方法をご説明させていただきます。

(1)急性期・・・急性期は、関節の炎症の勢いが強くて猛烈な痛みに襲われていますので、この時期はまず安静を最優先にして過ごす必要があります。ということで患部を安定させるために、腕は三角巾などでつって動かさないようにしましょう。

しかし、このような形で安静にしていても、痛みが治まるわけではありません。そんな痛みに対処するためには、消炎鎮痛薬を使うことになります

ただしこような薬は、血管を閉じるように作用しますので痛みは抑えられますが、長期間の服用は危険であると言われております。

また薬には、坐薬、内服薬、外服薬などがありますので、何を服用するかは医師に処方してもらうようにしてください。

五十肩の急性期には、痛みが激しくて眠れない夜を過ごすような時もあるでしょう。そういう場合は、痛みを伝える神経経路に局所麻酔薬を注射する方法もあります。


※こちらに続きます。
>>>五十肩の治療方法~慢性期と回復期~

関連記事

これからFXするなら外為どっとコム