五十肩や肩こりの改善方法やストレッチ、サプリメントなどについてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

五十肩とストレッチの効果

※「五十肩の急性期と体操」からの続きです。

ストレッチをしましょう

五十肩の急性期から症状が改善されて、痛みも少なくなれば次の慢性期に入ります。

このような慢性期に入って、腕が水平よりも上にあげられるようになれば、さらに意識してストレッチをやってみましょう。

基本的には、肩を動かすストレッチならどのような種類の運動でも問題ありません

簡単に出来る方法を一つ、ここでご紹介しておきますね。

まず始めに、両手を頭の後ろで組んでください。そして肘を開いたり閉じたりするだけです。とても単純で簡単な方法ですよね。お風呂上りなどに行うと、より一層の効果が期待できます。

運動障害の克服

さて、さらに痛みもなくなってきて回復期に入った場合は、もっと意欲的にストレッチに取り組んでいただけたらと思います。

このような回復期に行うストレッチは、早期に運動障害からの改善に期待することが出来ます。

ストレッチは、主として肩を動かす運動を中心に考えましょう。このストレッチの方法は、ネット上でもたくさん公開されておりますので、ご自身の目で確かめてやりやすい、そして継続出来る方法を選びたいものです。

※参考記事
>>ためしてガッテンの五十肩改善法<<
>>五十肩とひじ丸体操<<

ストレッチを行う時の注意点としましては、ゆっくりと自分で動かせる範囲の中で実行し、そして続けることです。くれぐれも無理をしてはいけませんからね。

それからストレッチ開始前にカイロなどを使って事前に肩を温めておくとさらに効果があります。また先ほども述べましたように、血行が良くなっている風呂上がりに行う方法も効果的です。

関連記事

これからFXするなら外為どっとコム