五十肩や肩こりの改善方法やストレッチ、サプリメントなどについてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

五十肩の症状

※「五十肩と言われるのはなぜ?」からの続きです。

五十肩の病状の推移

五十肩というのは、肩関節周辺の炎症反応によって引き起こされる肩の疾患ですが、発症する年齢としましては多くの場合、40歳代後半から50歳代にかけての人たちです。

そんな五十肩ですが、両方の肩が同時に痛みだすことはほとんどありません。ただし、右と左の時期がずれて結局は、両肩が痛くなってしまったということはあります。

五十肩の発症初期は、肩関節周辺の炎症反応によって腕を上げる、あるいは外や内側に捻るという動きに対して痛みが現れ始めて、徐々に腕を上げることすら思うようにならなくなってまいります。

このような症状は、1ヶ月から2ヶ月続きますが、その後は、肩の激痛も治まってきて鈍痛に移行します。鈍痛の見られる段階になっても、腕や肩を動かすとやはり痛みはあります。

このような症状が、3ヶ月から6ヶ月続きますが、その後、徐々に痛みもなくなってきて腕や肩を動かしても問題のない状態になります。

リハビリが必要

さて、これで完全復活なのでしょうか?いえ、実はそうとは言えないんですよね。五十肩を発症した影響から、長期間、肩や腕を動かさなかったことにより運動障害を起こしています。

このような状況というのは、リハビリを行って、運動機能を回復させる必要があります。したがいまして、腕や肩を動かせるようになりましたら、しっかりとリハビリを実行したいところです

そうでないと運動障害が、ずっと残ったままということになってしまいますからね。

関連記事

これからFXするなら外為どっとコム