五十肩や肩こりの改善方法やストレッチ、サプリメントなどについてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

四十肩と五十肩

老化の影響による疾患

五十肩の原因は、ハッキリと分かっているわけではありません。

しかし、肩に激痛という形で現れてくる年齢が40歳代から50歳代ということもあって、老化が何らかの形で作用しているのではないかと考えられるわけです。

さらに、重量のある荷物を持つとか、肩を上げた姿勢で作業する機会が多い方に多く見られる症状です。

発症する年齢が、40歳代から50歳代なので、40歳代で発症するケースを四十肩、50歳代の場合は五十肩というように区別して言われることもありますが、実を言えば同じ病気です。

何はともあれ肩や首の周りの痛み、そして激しい痛みで動かすことも出来ないような症状のことを五十肩というわけです。

重い物を持つときや姿勢に要注意

ところで五十肩の原因が分からないからと言って、体に何の異常もないということにはならないわけであります。

結局、痛みや方が動かせなくなってしまう原因自体は、肩関節周辺の炎症からきているものです。

それでは、なぜ肩周辺に炎症が起きているのかということになりますと、その原因は人それぞれ、個々のケースによって違いがあるとは思いますが、老化からきているもの、あるいは肩関節に対する過度な負荷に起因していると考えられております。

ということで、ある程度の年齢になりましたら、仕事などで日常的に重いものを持ち上げたり、肩や腕を上げたままの姿勢で作業をする機会の多い方は気をつけた方が良さそうですね。

五十肩の激痛で、腕を上げることが出来なくなってしまったら、日常生活にも影響が出てしまいますよ。

関連記事

これからFXするなら外為どっとコム